意外と肌に負担のかかる毛抜き

意外と肌に負担のかかる毛抜き

 

効果が長持ちするムダ毛処理方法に毛抜きで地道に抜く、というものがあります。

 

しかし時間もかかってしまいますし、加えて強引に引き抜いたことで毛穴が盛り上がってしまうというリスクもあります。つまり肌への負担は大きいのです。

 

手間がかかった分、なかなかムダ毛は生えないのですが、脱毛時間がかかること、完璧に抜き切れないことなどもあり、また肌が弱い場合は毛穴が赤く腫れてしまいます。

 

悪い場合は毛嚢炎を起こすので、最低限にしたほうが実はいいのです。

 

実際に医療機関やエステサロンでの専門的な脱毛を行う際も、毛抜きでのムダ毛処理は禁じられます。そのくらい肌の負担が大きく、またレーザーなどで処理できない肌になってしまうのです。

 

そのため長年、毛抜きでムダ毛を処理していると、肌がぶつぶつときれいではなくなってしまいますから、わずかに残っているから抜く、というくらいにとどめておくほうが実はいいのです。

 

 

すべてのムダ毛を処理するのには向いていない

 

 

それにかなり痛いものです。その痛さでムダ毛処理がストレスになることもあり、あまり合理的ではないのです。

 

肌が比較的丈夫な部分であっても、腫れてしまうことは多くあります。ですからサポート的に使うのはいいのですが、すべてのムダ毛を処理するのには向いていないというわけです。

 

同じように脱毛するなら、家庭用脱毛器を使って一気に処理したほうがまだ少しは痛みも少ないですし、加えてそれほど肌にダメージもありません。

 

今まで毛抜きに頼っていた方は心もとないかもしれませんが、いったん止めて、ほかの方法でムダ毛処理を行うように変えていきましょう。肌にはスペアがありませんし、ぶつぶつになってからでは、もとのすべすべに戻すまで時間がかかります。

 

また手間をかけてもいいのであれば、肌の状態がいいときにワックスやテープで一気に処理してもいいですね。ムダ毛を処理した後は清潔にし、冷やしてあげましょう。

 

おすすめのムダ毛処理グッズ