脱毛しなくてもいい場所がある

脱毛しなくてもいい場所がある

 

脱毛自体は今は常識になってきていますが、ちょっと過剰反応ではないか、と思えるようにもなってきています。

 

たとえばアンダーヘアの処理についてです。

 

話題になっているハイジニーナも今の流行に過ぎません。流行の水着を着こなすため、最低限の処理をするのは仕方ないといえますが、ハイジニーナ自体は今の流行に過ぎないのです。

 

完璧にアンダーヘアを処理すると、生理中などでの衛生面が安心、という意見もあります。しかし完全に処理しきってしまうと、実は下着やナプキンからの摩擦が強くなり、肌が弱い方の場合、トラブルになることも問題視されています。

 

欧米では大流行だと喧伝されていますが、欧米人の肌と日本人の肌は決定的に違うのです。また生理の折の処理方法も日本人はナプキンを使うことが主流ですが、欧米人はタンポンが主流なので、違ってくるのですから、そこを考えても当然ですよね。

 

生えっぱなしでも問題はないですし、また生えっぱなしにしておく意味もちゃんとあるのです。短く切っておくことで十分なのです。

 

 

短く切っておく

 

 

つまり脱毛に関して、過剰反応はあまりしないようにしたほうが、肌の健康や陰部の健康にはいいわけです。

 

欧米の常識は日本の常識ではありません。

 

ただしインポート物の水着を着こなしたいのであれば、処理してもいいかな、というくらいの感覚であったほうが、実は肌や陰部などのトラブルが起こりにくいのです。

 

日本人の肌は欧米人に比べ、さほど丈夫ではない、という認識があれば、保護の意味でアンダーヘアも必要だということをご理解いただけるのではないでしょうか。

 

必要に応じて処理しておく、という感覚で十分ですし、過剰反応は良くありません。今の流行が過ぎてしまえば、意外と忘れられることも多いのです。

 

おすすめのムダ毛処理グッズ