脱毛に夢中になり過ぎないことも大事

脱毛に夢中になり過ぎないことも大事

 

クレンジングや洗顔、保湿という基本的な肌の手入れは大事ですが、脱毛に関してはあまり必死になり過ぎないことも実は覚えておく必要があります。

 

過剰にムダ毛の処理をしていると、やはり肌に大きな負担がかかってしまうからです。剃るにしても、抜くにしても、やはり肌や毛穴には大きな負担がかかることには間違いがありません。

 

「やり過ぎ」が危険なのです。

 

エステサロンや脱毛を行ってくれる医療機関で処理する場合、必ず休止期間を設けますが、それは十分に肌が回復してから、再度行う、という意味もあります。

 

実際に起こりやすい肌のトラブルとしては毛穴が炎症を起こす毛嚢炎(もうのうえん)、色素沈着、抜いたあとに毛穴が残りふさがれて皮膚の下の残る埋没毛、そしてもっとも避けたいのは脱毛のし過ぎで肌が傷ついて瘢痕化(はんこんか)してしまうことです。

 

これらの肌トラブルは「やり過ぎ」で起こります。衛生面で注意していても、必死になるがあまり、このようなことが起こりやすくなってしまいます。

 

嫌なムダ毛を必死に処理したいのはわかりますが、肌や毛穴を休ませるという時期も必要なのです。

 

 

多少のムダ毛は許してあげる

 

 

この時期は丈夫な肌をつくるように保湿をしっかり行ってあげて、多少のムダ毛は見逃すことも大事です。つまり「やり過ぎ」を自分で控えることになります。

 

必死になればなるほど、ムダ毛は気になってしまうものですから、少々ストレスに感じるかもしれません。しかしながら肌の健康のほうが大事なのではないでしょうか。

 

そこで肌を露出しない時期はあえて、脱毛をお休み、と決めてもいいですし、少し目立ってきたかな?と感じたときだけにしておくようにしたほうが良いのです。多少のムダ毛は許してあげることも肝心です。

 

永久脱毛をしている場合であっても、きちんとエステサロンの施術者や医療機関にいる医師の指示に従って、肌も守ってください。

 

おすすめのムダ毛処理グッズ