男性の脱毛について

男性の脱毛について

 

最近、美容に熱心な男性のことを「美貌男(びぼお)」と呼んでいるそうです。彼らは肌の手入れや髪の手入れだけではなく、ムダ毛の脱毛にも熱心であることが特徴です。

 

歴史を遡っていくと、「髭なし!」と罵られ、それをきっかけに決闘するにまで及んだ時代があったのに、現在は男性の象徴ともいえる「髭」の脱毛も熱心になっています。

 

また毛深い方であれば、胸毛やすね、腕の毛も熱心に処理しようとしています。

 

しかし男性の脱毛が熱心であったのは、江戸時代もです。女性はさほどムダ毛の処理に熱心ではありませんでしたが(自分の身体が売り物であった遊女は別です)、男性は必死に「つるんとして触り心地のいい」という理想を維持していたのです。

 

体毛の処理は、彼らの身だしなみでした。

 

またビキニラインの処理にも熱心で、江戸時代のお風呂屋さんには、必ず「毛切石」が置かれ、通う客はこれで処理していたのです。

 

すべては江戸という町にわずかしかいない女性の気を惹くためでした。「つるんとして触り心地のいい」という理想は江戸時代の女性が持っていたものだったからです。

 

 

「毛深い」はマイナスになってしまっている

 

 

話を現代に戻しますが、「美貌男」がムダ毛の処理に熱心なのは、さまざまな理由もありますが、髭を剃る手間を省きたいということもあります。

 

そのため男性の場合は永久脱毛が目的というよりも、「毛深い」というマイナス面を「薄く体毛が残っている」が理想になります。現代では「毛深い」はマイナスになってしまっているのです。

 

そういうことでメンズエステでお手入れする方もいますし、医療機関でレーザーを当てる方も増えています。また男性のほうが熱心であるという関係者の意見も少なくありません。

 

とはいえホルモンの関係で男性のほうが体毛は濃くなっているものですから、やはり長い期間かかってしまいます。それでも「美貌男」たちは根気よく、ムダ毛と闘っているわけです。

 

 

おすすめのムダ毛処理グッズ