脱毛してはいけない時期

脱毛してはいけない時期

 

基本的には脱毛するのは1年を通してのことになっています。

 

それだけムダ毛には過敏になってきたとも言えますが、やはり休止しなければならない時期もあります。

 

男性の場合はその時期はありません。どうしてかといえば、生理がないからです。生理中や生理前は肌がどうしても過敏になるので、あまりおすすめできません。むしろ避けたほうが良いでしょう。

 

肌が過敏になっている時期は、どのような方法であっても、肌にダメージを与えてしまう危険が高くなってしまいます。生理前や生理中は心身ともにコンディションが不安定で、あまり好ましくない状態が続いてしまいます。

 

そのような時期に脱毛すると、肌にトラブルが起こる危険が大きいのです。シェーバーで剃るのは比較的安全だといえますが、それでもやはり刺激になってしまいます。

 

そのため休止しておき、肌を休ませてあげるほうが、安全ですし、また肌トラブルを悪化させずに済みます。

 

どの部分のムダ毛の処理も同じことが言えます。

 

 

肌にトラブルがある場合

 

 

顔の産毛でもやはり危険なのです。また吹き出物やニキビができているなら、やはり治るまでは避けたほうが賢明でしょう。

 

肌が過敏になっている時期は休止期と決めて、できるだけお手入れは最低限にとどめておくほうがいいのです。その期間にムダ毛が伸びてきていても、処理しやすくさせるため、と割り切って、我慢しておきましょう。

 

つるつるに肌を保っておきたいというのは理解できますが、肌を危険にさらしてまで、処理するのは考え物です。肌にトラブルがある場合も同じことが言えます。

 

その場合はムダ毛処理以前にその肌のトラブルを治療すべきだからです。

 

脱毛は肌が丈夫で健やかな時期にしかできないと心得ましょう。その時期以外は休止期間と決めておくようにしないと、肌がボロボロになってしまいます。

 

おすすめのムダ毛処理グッズ