実は脱毛方法も場所で変えるべき

実は脱毛方法も場所で変えるべき

 

一般的には同じ方法でさまざまな場所のムダ毛の処理を行っている方がほとんどではないでしょうか。

 

しかしながら場所によっては、脱毛方法も向き不向きがあります。医療機関のレーザー脱毛は比較的にオールマイティですが、わきの下などのムダ毛には効果的ですが、ひざ下や腕には向いていません。

 

つまりレーザーのような光が反応しにくいムダ毛もありますから、厳密に言えばオールマイティではないわけです。このような方法で効果があるのは、太く黒い毛なのです。

 

手入れの面倒な部分は意外と定期的に自己処理で済ませてしまうほうが、きれいに出来ますし、また負担や費用も掛かりません。

 

わきの下やビキニラインは医療機関やエステサロンで任せる価値がありますが、ひざ下や腕はよほど濃くて太い毛ではない場合はあまり効果が出るといえないのです。

 

そのため自己処理で行うにはシェーバーでムダ毛を剃り落したり、除毛クリームで取り去るほうがひざ下や腕はおすすめです。なぜかと言えば生えている面積が広く、その生えているムダ毛が細い場合がほとんどだからです。

 

 

どう処理するにしても、衛生面は注意しましょう

 

 

仕上げに肌を落ち着かせてから、抑毛効果と美肌効果のあるローションで手入れしてもいいですね。

 

確かに医療機関やエステサロンで脱毛してもいいのですが、かなり割高になってしまうことは否めません。また女性の場合はムダ毛そのものが細い方がほとんどなので、方法があっていないわけです。

 

ですから場所によって、脱毛方法は変えておいたほうがおすすめです。肌のお手入れ感覚で行う習慣がつけば、それほど面倒ではなくなります。

 

ただし手入れという観点から、どう処理するにしても、衛生面は注意しましょう。肌の衛生もそうですし、使う道具などの衛生も注意しすぎることはありません。

 

おすすめのムダ毛処理グッズ