脱毛ではなく脱色ではいけないの?

脱毛ではなく脱色ではいけないの?

ムダ毛を見つけてしまうと、とにかく脱毛!と思い込んでいる方がいらっしゃる一方で、脱色して目立たなくさせるという方もいらっしゃいます。
実はこの脱色する方法は、あまり体毛が濃くなくて、長さもあまりない方向きの方法になります。

 

あまりにも濃い体毛の方が行うと、いっそう目立つようになってしまうケースもあるので要注意です。

 

また肌があまり丈夫ではないという方にも、脱色は残念ながらおすすめできません。やはりかなり強力な液剤を使用しますから肌への負担も大きいのです。

 

肌が比較的に健康である上に丈夫で、体毛が薄い体質の方であれば、非常に効果的なムダ毛の処理方法なのですが、かなり限定されているという方法なのです。

 

ですから脱色は肌への負担を考えたのであるならば、おすすめできませんし、また伸びてくると妙な存在感が出てきてしまい、実に手間がかかるのです。

 

体毛の濃い方は除毛クリームで処理する

 

特に腕は目立ってしまうほど濃いという方は日本人では少数派ですが、その少数派である方は脱色するよりも、除毛クリームで処理することをおすすめします。

 

シェーバーで処理する方法もありますが、意外と腕は早く伸びますから、おすすめできません。

 

また脱色したムダ毛は、一見、目立たないようにする方法のように思えるかもしれませんが、そういうことはありません。色が変わったことで逆に目立っている場合も少なからずあるのです。

 

ですから同じようにムダ毛を処理するのであれば、肌にダメージを与えないように慎重にシェーバーで処理するか、クリームで取り除くか、抜いてしまうことがおすすめです。

 

 

おすすめのムダ毛処理グッズ